綺麗な人は美容皮膚科に通っている【幅広い年代に人気】

レーザー治療が柱

看護師

エステの延長として

美容皮膚科はその名称の通り、美容に特化した皮膚科であり、皮膚を綺麗に保つためのスキンケアやアンチエイジング治療などの相談が可能です。美容外科と違うのは外科手術を行わないことで、レーザー治療を主体に、注入治療や内服薬治療などが行われています。レーザーには様々な種類があり、色素に反応する機器は主にシミ治療に、水分に反応する機器は主にいぼやほくろ治療に用いられます。また、出力を下げることで開いた毛穴を改善したりハリをアップさせたりといった治療なども可能です。治療器はレーザーに限らず、超音波や赤外線、ラジオ波などを使った機器もあります。出力を変えることで違う効果を持つものもありますが、美容皮膚科ではたるみやシワの改善を目的に使われることが多いです。同様の効果を持つ機器でも、医師は患者の肌状態や悩みの原因を考えて、適した機器を選定します。また、注入治療はプラセンタ製剤やヒアルロン酸製剤などを使ったアンチエイジング治療が、内服薬治療はトラネキサム酸などによる美白治療が主体です。美容医療が始めてだと、美容皮膚科を受診するのが少し怖いと感じる人もいます。しかし、外科手術が行われるわけではないので、エステサロンの延長として捉えると受診しやすいかもしれません。例えば、同じたるみ治療といっても、美容外科ではメスを入れたり針と糸を入れたりする外科処置を得意としているのでダウンタイムが必要なことがありますが、基本的に美容皮膚科の治療にはありません。レーザーや超音波、ラジオ波などの機器を当てるだけなので手軽です。といっても、機器の種類によっては痛みを覚えるものもあり、特にレーザー脱毛は痛いことで知られています。特に痛みが強くなるのは、毛が太く多く生えている部位です。ですが2回目以降からは毛が細くなっていくため、徐々に傷みが和らいでいきます。寝不足の日や体調が悪い日は痛みが強くなるので、受診日に向けて体調を整えるといいでしょう。また、どうしても痛くないのが良いという人は、麻酔クリームなどを使ってもらったり、冷やしながら行ってもらったりもできます。

Copyright© 2018 綺麗な人は美容皮膚科に通っている【幅広い年代に人気】 All Rights Reserved.